夫の努力!精力減退にはレビトラやペネグラで改善

妻から性交の誘いを受けたにも関わらず、精力減退を理由に拒否する事は夫として悲しい事です。
一度や二度の拒否であれば、妻側も理解してれるでしょう。
しかし、数回から数十回レベルになれば、夫婦間のセックスレス状態に発展し、夫婦間の信頼関係に深刻なヒビが入りかねません。
米国の社会ではセックスレスが正当な離婚理由として認められていますし、
夫が妻からの子作り、性交のリクエストを必要以上に拒否しつづければ、離婚に至る危険性を押し上げます。
精力減退に効く医薬品として、今注目されているのがペネグラとレビトラです。
まずペネグラに関してですが、こちらはバイアグラのジェネリックになります。
製造元はジェネリックですので、バイアグラとは別企業ですが、成分と効果が新薬と同じです。
クエン酸シルデナフィルが配合されており、勃起の阻害原因を取り除く薬効を持っているため、服用する事で、短時間のうちに充実した性機能を取り戻せます。
コストはバイアグラよりも安く、新薬同様の薬効が得られますので、節約志向な夫には嬉しい治療薬です。
ただペネグラはインド製のジェネリックという事もあり、正規版が国内からは入手し難い特徴があります。
そしてレビトラですが、こちらはジェネリックではなく独自に開発された新薬です。
有効成分はバルデナフィルであり、クエン酸シルデナフィル以上の安全性と即効性があると高い評価を集めています。
レビトラもまた服用後、短期間でペニスの固さと持久力を取り戻せる治療薬です。
性的刺激を感じ次第、勃起のスイッチが入りますので、妻から突然性交のお誘いを受けた夜でも、スピーディに性機能の用意が進められます。
クエン酸シルデナフィルに見られる食事への弱さがなく、レビトラは食後に服用しても平気ですので、一般家庭でも普通に使いやすい応用力があります。